「アイアムアヒーロー」第111話【ネタバレ注意】

例により完全ネタバレですので、単行本派の方や本誌未読のかたはどうぞスキップお願いします。



さて、今週111話で新展開が暗示されたところで一ヶ月の休載と、またモンモンとする日々を強いられることになります。ただ、今回は月末に9巻が発売されるので、多少は救われますね。

暗示された次の舞台は、藪が英雄に告げた彼女の出身地と同じ場所でした。思わぬところで藪一行と、ネットのあの人がクロスすることになりそうです。

今回描かれた橋脚は、埼玉県久喜市を通過する、建設中の圏央道の橋脚です。林立する巨大な橋脚は、なにやら神秘的な雰囲気を漂わせています。

実際、下の二つのgoogle画像検索を比べてみると、雰囲気が良く似ていますね。

例によりストリートビューで漫画の構図と同じ場所を探そうと思ったのですが、これは無理でした。圏央道がストリートビューで観察可能な道路沿いより、田んぼや川の上をメインに通っているせいもあるのですが、それ以前にストリートビュー車が、久喜市内ではせいぜい東北自動車道くらいしか撮影してないからです。



前の舞台の御殿場市内も、ストリートビュー車で確認できるコースは少なかったのですが、こちらはそれよりも少ないですね。久喜市って…

オリンポスの政体は王政か貴族政であったでしょうが、こちらは「幕府」だそうです。ということは軍事政権ということなのでしょうか。



アイアムアヒーローにまつわるエトセトラもご覧ください。


※記事中で引用した画像は単行本・花沢健吾『アイアムアヒーロー』(小学館)、または週刊『スピリッツ』(同)より

(2012/05/07 20:29 投稿)