アイアムアヒーロー第103話【ネタバレ注意】

今回も完全ネタバレです。バレ防止スクリプトがちゃんと動作していなかったことに気づいたので、今回は(今回も)マスク無しですのでご注意ください。




いまアイアムアヒーローの時系列表を作成中です( I am A HERO Timelie )。時系列表をご覧いただくとわかる通り、103話時点での日付は2009年5月11日月曜日です。時刻はおそらく13時半前後と推定されます。

「おそらく」と書いたのは、正確な時間の判明しているのは83話、英雄がシンク下に隠れていたときに見た腕時計の5月11日午後12時12分12秒の表示が最後だからです。

その後の時間の経過を、かなり大雑把に次のように見積もって、おおむね「今」は13時半前後かな、と推定した次第です。

ブライとともにZQNと戦う(83~91話) 30分前後?
薮の車に救われ病院へ(92話、98話) X分
病院を覗いてすぐ退散(98話、99話) 数分
国道を西に自販機前まで(99話) Y分
自販機前で休憩(99話、100話) 10分くらい?
自販機前から「ふじさん屋」(101話) Z分
「ふじさん屋」前で狙撃等(102話、103話) 約5分?

車の移動時間のX、Y、Zはそれぞれ計算しづらいですが、薮の車が走ったと推定されるコースをGoogleのルート案内で調べると、合計8.1km、車で「16分」と出ました。比呂美を抱えて不自由な体勢で運転したこと、まわりを警戒したり飲食料やトイレを探しながら運転したことを考慮しても、X+Y+Zはせいぜい30分前後かと踏んでいます。

なお、前のプゲラの中で、100話時点での舞台を小田原市手前と書きましたが、実際には102~103話時点でそれよりまだだいぶ手前、R138号乙女峠トンネル西側の茶屋よりも手前(のどこか)でした。

実際にはこの位置にあるのは「ふじさん屋」ではなく、「ふじみ茶屋」というお店です。

ちなみに8巻末93話の最後で少年がテントから出てきたのは夕闇迫る時間帯です。現時点(103話時点)の屋上では、少年がテントの中でじっと息を殺しながら外の様子を伺っているか、もしかしたらまだ荒木が重大な決意をする前かもしれません。




前置きが長くなりましたが、本題です。

英雄がつい目をやってしまった壁のカレンダーは、祝日・休日の配置から判断してこの年、つまり2009年のカレンダーです。そのカレンダーの5月13日に「出産予定日!」の書き込みがあります。最初に書いたように現時点の日付は5月11日(月曜日)、つまり英雄がこの茶屋に着たのは出産予定日の2日前、ということになります。

この茶屋をZQN禍が襲ったのがいつのことだったのかはわかりません。しかし現在は出産日はかなりコントロールできるようになっているようですので、ここが実家であるとすれば(カレンダーに書き込むくらいですからその可能性が高いでしょう)、妊婦さんはまだ入院したりせず実家に留まっている段階でしょう。

この予定日が今後の伏線になっているのか、あるいは単に英雄の心にさざなみをもたらした一つの情報に過ぎないのかは、次回以降の展開を待つしかありません。



アイアムアヒーローにまつわるエトセトラもご覧ください。


※記事中で引用した画像は単行本・花沢健吾『アイアムアヒーロー』(小学館)、または週刊『スピリッツ』(同)より

(2012/02/20 20:57 投稿)