『たかが黄昏れ』第三話。




「干しイモをくわえて走る少女が曲がり角で男子とぶつかる」を想像しながらひなたは走ります。


ビッグコミックスペリオール 2018年18号『たかが黄昏れ』より

その背景に使われたのは、埼玉県川越市にある「弁天横丁」です。



Google ストリートビュー 弁天横丁出口へ向かう路地



同上 2017年1月のスナップ

通りに出たところで現実を取り戻すひなた。左手に持つのは食べかけの干しイモ。


ビッグコミックスペリオール 2018年18号『たかが黄昏れ』より

そこは弁天横丁入り口の看板の下です。



Google ストリートビュー 弁天横丁入り口



同上 2017年9月のスナップ




弁天横丁は、幅は狭く奥行きもそれほどありませんが、昭和・大正時代からあった花街で「芸者横丁」とも呼ばれた通りです。しかし今は大部分が放置され、ほぼ廃墟となっています。その雰囲気が『たかが黄昏れ』の背景に選ばれた理由かもしれません。

弁天横丁 (埼玉県川越市) – 東京DEEP案内

ストリートビューで見ても大部分廃墟に見えますが、下のブログを読むと、一部では再生も行われているようですね。

川越style「弁天横丁 『GALLERYなんとうり』」復活までの軌跡

なおこの背景を特定できたのは、まず「看板 小料理 パブ」で Google画像検索したところ、だいぶ下の方にこの横看板の画像を発見、その画像掲載サイトから所在地を得ました。